1. ホーム
  2. 活動報告
  3. 大津町備前島・矢倉地区「ナガエノツルノゲイトウ」特定外来生物視察

2012年10月31日(水) 大津町備前島・矢倉地区「ナガエノツルノゲイトウ」特定外来...

2012年10月31日(水)に下記の活動を行いました。

大津町備前島・矢倉地区「ナガエノツルノゲイトウ」特定外来生物視察


これは、鳴門市大津町備前島を流れる「大谷川」に生息する、特定外来種で、つる性水草の「ナガエツルノゲイトウ」です。 

これは、鳴門市大津町備前島を流れる「大谷川」に生息する、特定外来種で、つる性水草の「ナガエツルノゲイトウ」です。 

大谷川下流の大津町矢倉、備前島、段関にかけて生息し始めています。

大谷川下流の大津町矢倉、備前島、段関にかけて生息し始めています。

南アメリカ原産で、水面に群生して繁殖をしています。二年前に大発生した、「ホテイアオイ」の様に、大事になる前の除去が必要ではないかと思いますが。

南アメリカ原産で、水面に群生して繁殖をしています。二年前に大発生した、「ホテイアオイ」の様に、大事になる前の除去が必要ではないかと思いますが。

矢倉側の様子です。今年の晩春あたりから、見られていました。徳島県鳴門事務所に確認をしたところ、近々「ナガエツルノゲイトウ」の除去を始めるようです。

矢倉側の様子です。今年の晩春あたりから、見られていました。徳島県鳴門事務所に確認をしたところ、近々「ナガエツルノゲイトウ」の除去を始めるようです。